地盤改良の一連の流れ
安心な家づくりのためには、まず、その足もと(地盤)をしっかりチェックすることが大切です。
地盤調査から改良までの一連の流れを確認しましょう。
マイホームづくりにおける地盤改良の一連の流れ 地盤調査・解析について
まずは、その地盤の状況を把握するための調査を行います。
戸建住宅の地盤調査でもっとも一般的なのは、スウェーデン式サウンディング調査です。 これは100kgのおもりを載せてらせん状の先端部を地中にねじ込み、その地盤の固さを測定するものです。
その地盤調査の結果から、現地の地盤・土質・地耐力などのデータから地盤改良工事の必要性を判断します。
地盤改良工事について
調査の結果、この地盤はNG!という結果が出てしまった場合は、補強・改良工事を行うことになります。
後述しますが、どの工法で地盤改良工事を行うかという選択も非常に重要です。
軟弱地盤が2メートル以下の場合、表面の土にセメント(凝固剤)を混ぜて固める。
軟弱地盤が2メートル以下の場合、表面の土にセメント(凝固剤)を混ぜて固める。
6メートル以上にわたって軟弱地盤が続いている場合、鋼製の杭を打ち込む。
硬化剤を一切使用しない天然砕石のみを活用した地盤改良の新工法です。

保障について
地盤保証会社の基準に基づいて、地盤調査及び地盤改良工事を経て、現場検査に合格すると、保証が得られます。保証は10年間、5000万円まで(注:期間や金額は、保証会社や契約等により異なります)。
万一の時の事故の備えとなります。

さあこれで安心!・・・というわけには、残念ながらいかないんです。
地盤改良における、3つのキケン」についてチェックしてみましょう。