従来の地盤改良工事の問題点。「健康」「財産」「品質」の3つの視点。
大切なマイホームですから、どのポイントも侵害されたら嫌な内容です。
まだまだ知られていない「地盤改良の3つのキケン」を思い切ってご紹介します。
問題1:健康編 地盤改良の 環境汚染・土壌汚染 に注意 地盤改良で発ガン性物質“六価クロム”が出てしまう!?

セメントを土と混ぜると、化学反応をおこし「六価クロム」という有害物質が発生するキケンがあります。
「六価クロム」とは、昨今、世間を大きく騒がせた「アスベスト」と並ぶ、二大発ガン物質の1つで、LARC(国際がん研究機関)からもリストアップされています。2003年2月15日に土壌汚染対策法が施行されました。この法律によると、もし汚染物質「六価クロム」が発生してしまったら、土地の所有者である皆様は、その汚染物質の浄化義務を負うと共に、あなたの健康や家族の健康を害する恐れもあります。
マイホームでは、庭で子供が遊んだり、家庭菜園を行ったりと様々な生活があります。セメント系の地盤改良を行った場合、この六価クロムが発生するリスクがあります。夢のマイホームで健康を害する可能性が少しでもあるのは嫌なものです。セメント系の地盤改良工事を行う場合は、ご担当の住宅会社の方に十分にご相談のうえ、ご検討されることをお薦めします。
(※セメント系の地盤改良を行った場合、必ず六価クロムが発生するということではありません。六価クロムの発生メカニズムは完全には解明されていないことが問題となっています。)

地盤改良で発ガン性物質“六価クロム”が出てしまう!? 問題2:財産編 地盤改良で 地価下落? 沈没です。 ローンを払い続けたのに価値はゼロ?ローンを払い続けたのに価値はゼロ?ローンを払い続けたのに価値はゼロ?土壌汚染が発生したら土地の価値はゼロ!!さらに忘れられがちな将来の杭の撤去費用!
2003年に明文化された土地評価に関する方針があります。
土地の鑑定時に「土壌汚染」「埋設物」の有無をチェックし、 もし発見された場合、その土壌汚染の浄化費用や埋設物の撤去費用を差し引いて 不動産の価値が算定されるというものです。
セメントの塊や鋼管は産業廃棄物とみなされてしまうので、 セメント系や鋼管で地盤改良を行った場合は、その不動産価値を下げてしまっていることになります。

「これからマイホームを建てよう!」と検討しているときに、 将来、不動産を売るときのことを考えるのは水を差すような話ではありますが、 マイホームを建てる土地は大切な財産です。
価値を下げずに済むのであれば、 その方法は十分に考えたいものです。
問題3:品質編 地盤改良の 地品質不良問題!! 地盤改良したのになぜか事故が!?地盤改良したのになぜか事故が!?地盤改良したのになぜか事故が!?これまでの工法で事故が起こりやすい5つの理由!
通常、「表層改良工法」「柱状改良工法」「鋼管杭」の方法で地盤の補強工事が行われる事が多いものですが、
実は、補強工事をしたのに不同沈下事故が発生していることは意外に知られていないものです。
安心のお住まいのために地盤補強の方法も十分に考える事が必要です。
 家の下を固めてしまえば、家と地面が接する面積が増えて、安定すると思われがちですが、 上の絵のように家の下で軟弱層の厚さが急変しているような場合には、 セメントで固めて重くなった分、逆に傾きやすいと言われています。
土の中に存在する葉っぱなどが腐ってできた腐植土とセメントの相性は悪く、 十分に固まらないことがあると言われています。
土の中の深くにある固い地盤まで杭を打ったと考えていても、 軟弱層の起状等の原因で、届いていないことも予測されます。

地震のときに非常に恐ろしい液状化現象ですが、過去の大型地震の結果から、 「砂や砂利を入れることによる締め固め」か「排水」のいずれかしか液状化対策はないと言われています。 液状化現象について
新潟地震では、建物自体はしっかりしていても全体が傾いたという現象が見られた。 それは、新潟市はもともと信濃川によってつくられた土地であるため、 水辺だけでなく広い範囲で地盤が水を含んだ砂地であったことが原因である。 地面全体が揺れると地中では砂が水のように動く。 これを液状化と呼ぶが、地震以前はそのことがわからなかった。 被災後研究を進めていくうつに、せいぜい地上から10数メートル程度の深さで起こることが判明したため 、地盤を改良することで十分に対応できることがわかった。
方法は2つ。地中に等間隔に穴をあけて砂や砂利を入れて全体の地盤を固める
「締め固め工法」。それともう一方は、同様に穴を掘り砂などを入れた後、地中に含まれている水を集めて排出する 「排出工法」。ちなみに新潟県庁はこの2つの方法を併用して地盤改良がなされている。

 そこで宇佐美工業では、住まい手の健康と財産、そして地球環境を守る地盤改良の新技術、
“HySPEED工法”を推奨しています。 では、次は「HySPEED工法」についてチェックしてみましょう。